寄り道、散歩道

花と猫と時々犬と気持ちは二十歳のおばさんのブログ、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ちびが天国に行って、1週間、不思議は体験をしました。

neko10.gif
17日で、ちびが天国に行って、1週間経ちました。
nekotenmv2.gif

この1週間の間に、不思議な出来事がありました。
ちびが亡くなって4日後の夜中、鈴のことがしました。まるでちびがここにいるよ、と言ってるみたいで、ぜんぜん怖くなく、もう一度聞きたくて耳をすましましたが、聞くことはできませんでした。
そして次の日の14日は夢に出てきました。夢に出てきたちびはコタツに上で丸くなっていて、私がちび?と言ったら、顔を私の方に向けました。でもちびの顔ではなかったんです、そして外に出て行きました。
ちびは家を出て行くとき、家から一歩でた瞬間ちびのからだの模様が変わっていて、私はなんとも言えなかったんです、それはもうちびではなかったんです。
それから、17日の日、初七日・・・
私は家族と夕食を食べていたら、何かが私の横脇を触っていったんです。私が旦那に「何?」と言ったら「別に・・」
「だって触ったでしょ?」と言ったら、「いや、触らないよ」と言われ、え?  
じゃ 今のは?・・・・ちび?
                           mimanime1.gif

不思議な体験でした。怖くもなく、ちびが何を言いたかったのか・・・
でもうれしかった・・・ヒナと何を話したのかは知らないけど、
私はいつもと変わらず、ちびと話をしています。仕事に行くときは「行ってくるからね」。仕事から帰ってくると「ただいま、」いままでどおりです。ただ、そこにはちびの体は無いけど、いつもそばにいてくれるちびがいます。

スポンサーサイト

PageTop

今日、ちびは天国に旅立ちました。辛いです、

img_593434_15004214_3.jpg
今日の午前3時ごろ、ちびは天国に旅立ちました。辛いですね。
ここ2週間、ちびの側で添い寝してあげていました。食事を取らなくなったので、
病院に毎日行き、点滴をうってもらい、栄養剤や、薬を点滴の中に入れてもらったんです。
ちびは、まるで猫男爵のバロンみたいな子でした。トイレも最後の最後まで、腰がたたなくなっても、自分で行こうとしたんですよ、私が助けてあげました。ちびは昨年亡くなったヒナには優しくて、自分というプライドをもっていた気がします。
DSCF2251_convert_20080709002412.jpg
     DSCF3154_convert_20080827004715.jpg
               DSCF1623_convert_20080525224137.jpg
今、ここにちびが眠っています。
写真は出したくありません。痩せてしまったちび、いまにも起きそうなちび、
辛いです。18年間、縁があってわが家の家族になり、いっしょに泣いたり、笑ったり、時には側に来て慰めてくれたり、ちびは、いっぱい幸せをもらいました。いつもそばにいてくれました。
辛いです、明日、火葬にします。本当は、側に置いておきたいのですが、この暑さでは、ちびもかわいそうです。
今年の暑さが憎いですね。人間だってまいってします、この暑さ、年を取っていた小さな体のちびには絶えることができなかったんですね。明日、ヒナが眠っているペット霊園に連れて行きます。きっとちびもヒナに会えてうれしいかもしれませんね。
うまく書くことができません。言葉も出てきません。出てくるのは、思い出と涙・・・buchiC3.gif

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。